貧困であっても教育を受けるべきです

これまでは幼稚園や保育園に通っていた子にとって、次に上がることになる小学校は特別な場所だと映るでしょう。

SITE NAVI

小学校低学年に適した教育

貧困であっても教育を受けるべきです これまでは幼稚園や保育園に通っていた子にとって、次に上がることになる小学校は特別な場所だと映るでしょう。子供ながらに、これまでよりも厳しい雰囲気のところだと感じるでしょうし、これから始まるのは幼稚園や保育園でやっていたお遊戯や工作といったこととは違い、勉強だということを小さいながらに理解していると思われます。幼稚園や保育園では勉強というよりは遊びに重点を置いていますし、子供たちにも勉強をしているという意識はなかったでしょう。

それが、学校ではきちんとそれぞれに決められた机につき、決められた時間内はきちんと椅子に座って先生の話を聞き、教科書を読み、時にはノートに何かを書くということが始まります。それが勉強というものだと、周りの大人たちが教えるからです。入る前に先入観を与えすぎるのもいけませんが、少なくとも学校という教育現場に何をしに通うのかは、親が子供にしっかりと言い聞かせておく必要はあると思われます。

おすすめ情報

Copyright (C)2018貧困であっても教育を受けるべきです.All rights reserved.