貧困であっても教育を受けるべきです

教育現場で何か事件が起きれば、テレビではコメンテーターが批判的なコメントをします。

SITE NAVI

教育現場の未来に関して

貧困であっても教育を受けるべきです 教育現場で何か事件が起きれば、テレビではコメンテーターが批判的なコメントをします。彼らも仕事でしょうが、現場のことを何も分かっていない態度には辟易としてしまいます。昔と今との決定的な違いは、教師と生徒に信頼関係がなくなっていることではないでしょうか。父兄の干渉も増えていて、教師が萎縮してしまっています。これでは理想の教育が出来ないですし、お互いにとってマイナス面ばかりではないでしょうか。残念でなりません。

塾や予備校に通っている生徒が多いですが、これも教師に対して信頼がない証拠ではないでしょうか。大切なことは、学校に送り出したなら過度な干渉は控えるべきです。教師の質の低下が懸念されていますが、大部分の教師は激戦の試験を潜り抜けてきたエリートです。問題の解決力にも優れていますし、生徒一人一人に耳を傾ける指導をしてくれます。生徒を楽しくさせる教師が増えると、教育現場は劇的な変化を遂げるのではないでしょうか。

Copyright (C)2018貧困であっても教育を受けるべきです.All rights reserved.