貧困であっても教育を受けるべきです

子供の貧困が叫ばれています。

SITE NAVI

貧困であっても教育を受けるべきです

貧困であっても教育を受けるべきです 子供の貧困が叫ばれています。現代の家庭環境はとても複雑化しており、シングルマザー家庭や非正規労働家庭なども多いです。生活するだけで精一杯のため、教育に充てる資金が無く疎かになってしまいがちです。塾や習い事はもちろん控えますし、進学などもできず学びの意欲を削いでしまいます。学べないということは可能性を摘み取り、更なる貧困のループを作る原因ともなります。親は必至で働いているため、子供の声を聴く余裕もありません。

子供の貧困は社会全体で取り組まなければならない問題の一つだと言われながら、まだ解決には至りません。食べることをはじめとした生活全般や教育などにおいて支援の輪が広がっています。親は子供の声に耳を傾け、学校の教師は子供の家庭環境や子供に気を配り、子供にとって最善の環境を提供するべきです。貧困であるからといって勉学をする機会が奪われてはなりません。支援があることをもっと多くの人が知るべきです。

Copyright (C)2018貧困であっても教育を受けるべきです.All rights reserved.